あるゾウ賃貸館 > 賃貸コラム記事一覧 > 賃貸物件に導入されている対面式キッチンの種類とメリットとは?

賃貸物件に導入されている対面式キッチンの種類とメリットとは?

≪ 前へ|家賃無料の先得キャンペーン|あるゾウ賃貸館   記事一覧   賃貸物件で猫用トイレに最適なところはどこ?条件や場所について解説|次へ ≫

賃貸物件に導入されている対面式キッチンの種類とメリットとは?

カテゴリ:住まい選びの知識

賃貸物件に導入されている対面式キッチンの種類とメリットとは?

賃貸物件には、さまざまな間取りの種類があります。
そのなかでもキッチンには対面タイプと壁付けタイプとあります。
これまで一戸建てやマンションに多く導入されていた対面式キッチンですが、賃貸物件にも導入されています。
そこで今回キッチンにはどのような種類があるのか、導入するメリットはなにかをご紹介!
ぜひ、賃貸物件をお探しの方や転居を検討中の方は記事を読んでみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

5種類の対面式キッチンの特徴とは?

賃貸物件だけでなく一戸建てやマンションにも言えますが、キッチンの種類は5つあります。

アイランド
ペニンシュラ
I型
L型
セパレート


アイランドタイプは、ガスコンロの前に仕切りがなく、四方から囲めるタイプのため動きやすいのが特徴と言えます。
このタイプは賃貸マンションに導入されています。
ペニンシュラは、キッチン本体の左右どちらかに壁があるタイプを言います。
I型は、調理スペースやシンク、コンロが横一列にまとめられたタイプです。
調理する際は横移動が多いため動きやすい料理場でしょう。
L型は、L字にレイアウトされたタイプです。
古い賃貸マンションに導入されていることが多くあります。
セパレートは、シンクとコンロが別で2列に並んだタイプです。
このキッチンは賃貸マンションに導入されています。
これらの種類から家賃の予算と立地などを考え検討すると快適な暮らしができるでしょう。
地域によって対面式キッチンを導入している賃貸物件が少なく、家賃相場が高い場合もあります。

対面式キッチンを導入するメリットとは?

対面タイプを導入するメリットは2つあります。

家事をしながら子どもの様子や家族、友人とコミュニケーションが取れる。
動きやすい。


シンク、料理スペース、コンロと家事動線が考えられているため料理がしやすくなっています。
テレビを見ながら料理を楽しむ、子どもが昼寝している様子を見守りながら料理できます。
一方デメリットは、リビングやダイニングと一室のスペースになっていることから料理のにおいがこもりやすいことが言えます。
そのため換気扇が付いていても室内換気扇を回す、窓を開けるなどの対策が必要となります。

まとめ

賃貸物件でなく一戸建てやマンションのも起用されている対面式タイプは、子育て世代やファミリー層には人気です。
人気の理由は、子どもを見守りながら料理ができることや動きやすいメリットが挙げられます。
そのため賃貸物件でも対面式キッチンのある物件を探してみてはいかがでしょうか。
 
株式会社松堀不動産 西口店では、埼玉県比企郡エリアの賃貸情報を取り扱っております。
住まい探しの際は、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家賃無料の先得キャンペーン|あるゾウ賃貸館   記事一覧   賃貸物件で猫用トイレに最適なところはどこ?条件や場所について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • Twitter
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    (株)松堀不動産 あるゾウ賃貸館 東松山西口店
    • 〒355-0028
    • 埼玉県東松山市箭弓町2丁目2-12
    • TEL/0493-23-6666
    • FAX/0493-24-5330
    • 国土交通大臣 (2) 第8828号
      賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2122号
      建設業 埼玉県知事 許可(特-1)第72839号
      建築士事務所 二級 埼玉県知事登録(6)第8589号
      住宅性能保証制度 登録10010629号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る