あるゾウ賃貸館 > 賃貸コラム記事一覧 > ペット可賃貸物件と不可賃貸物件の原状回復特約とは何か解説

ペット可賃貸物件と不可賃貸物件の原状回復特約とは何か解説

≪ 前へ|賃貸物件探しの際は瑕疵物件に注意!種類や内容について解説   記事一覧   ペット共生型賃貸物件とは?大切なペットとストレスフリーな暮らしを!|次へ ≫

ペット可賃貸物件と不可賃貸物件の原状回復特約とは何か解説

カテゴリ:住まい選びの知識

ペット可賃貸物件と不可賃貸物件の原状回復特約とは何か解説

これから新しい生活を始める方のなかにはペットと一緒に暮らしたいと思っている方も多いと思います。
賃貸物件のなかにはペット可賃貸物件とペット不可賃貸物件があり、それぞれの条件を遵守しなければなりません。
今回は、退去時の原状回復や原状回復特約とは何かを解説していきます。
是非参考にしてください。

あるゾウ賃貸館へのお問い合わせはこちら

ペット可賃貸物件の原状回復とは何か

まずはじめに原状回復とは何かについて解説していきます。

住み始めた当時の姿に戻すことを指す

原状回復とは、入居した当時のような形に戻して明け渡すということです。
入居時からついていた傷などであれば修繕しなくても良いですが、故意に傷つけたものに関しては修繕が必要です。

ペット可賃貸の原状回復について

飼っていたペットが傷をつけた場合は借主の修繕負担となります。
ペット可賃貸物件ではなく、一定の条件で飼っている場合建材が傷つきやすいので注意が必要です。
爪とぎなどをされることを想定して、貼ってはがせる板を貼ったり、部屋のにおいに関してもしみつかないように対策してください。

ペット可賃貸物件の原状回復特約とは何か

次に、特約について解説していきます。

特約の内容に関して

ペットがつけた傷に関しては、基本的に借主側で修繕負担をしますという取り決めです。
賃貸借契約書に、通常消耗として扱われるペットがつけた傷の範囲が明確化されていることが重要です。
ここに書かれている範囲に関して借主が負担をする義務があります。

管理会社が変更になった場合は注意が必要

管理会社の変更で契約内容も一緒に代わるケースがあります。
この特約の条件に関して変更があるかないかはきちんと確認しておいてください。
以前の契約では壁の小さな傷の部分だけ交換でよかったものが、壁一面を交換という内容に変わっていたケースもあります。
負担額に大きく関係してくるので注意してください。

ペット可賃貸ではなく不可の場合の原状回復について解説

最後にペット不可賃貸物件の原状回復について解説していきます。

そもそもペットを飼ってはいけない

ペット不可賃貸物件に関しては、大前提として飼育が許されていません。
賃貸借契約の規約違反となり、修繕費用を全額負担しなければならないこともありますので絶対に飼育しないでください。

まとめ

ペットを飼育している方は退去時のトラブルに十分気を付けてください。
賃貸借契約をする前に条件をよく読み、ルールを守って生活することで無用なトラブルを回避できます。
ペットと一緒に暮らしたい方はペット可賃貸物件を選んでください。
松堀不動産のあるゾウ賃貸館では、埼玉県比企郡エリアの賃貸情報を取り扱っております。
住まい探しの際は、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

あるゾウ賃貸館へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件探しの際は瑕疵物件に注意!種類や内容について解説   記事一覧   ペット共生型賃貸物件とは?大切なペットとストレスフリーな暮らしを!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • Twitter
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    (株)松堀不動産 あるゾウ賃貸館 東松山西口店
    • 〒355-0028
    • 埼玉県東松山市箭弓町2丁目2-12
    • TEL/0493-23-6666
    • FAX/0493-24-5330
    • 国土交通大臣 (2) 第8828号
      賃貸住宅管理業 国土交通大臣(2)第2122号
      建設業 埼玉県知事 許可(特-1)第72839号
      建築士事務所 二級 埼玉県知事登録(6)第8589号
      住宅性能保証制度 登録10010629号
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る